Home > 施設の紹介 > 計測室

計測室

原子吸光分光光度計

溶液中の金属成分の定量に使用する分析機器です。原子の蒸気層が空間中にあるときこれに適当な波長光を透過させると、基底状態にある原子が光を吸収します。
本機器は、試料をフレームあるいは電気炉で熱により原子化して原子蒸気を作り、励起波長の光を透過させ、原子蒸気中の原子の吸光度を測定するものです。 吸光度から試料濃度を求めることができます。

メーカー (株)島津製作所
型式 AA-7000
測定範囲波長 185nm ~ 900nm
分析方法フレーム法 / ファーネス法
分析元素Li、Na、K、Mg、Ca、Pb、Cd、Hg、Cr、As 他
使用料 機械機器等使用料一覧

高速液体クロマトグラフ

食品中の旨み成分「アミノ酸」を分離・検出しアミノ酸の種類、含有量を求める装置です。 アミノ酸とは、アミノ基とカルボキシル基の両方の官能基を持つ有機化合物の総称でペプチドやタンパク質の構成要素です。
充填剤の入ったカラム(固定相)に溶離液(移動相)を高圧で送液し、その中に少量の試料を注入すると、試料成分のこれら2相との親和性によって差が生じ、成分が分離されます。

メーカー (株)島津製作所
型式 Prominence
検出器 蛍光検出器
検出方法 ポストカラム法
反応試薬 OPA(オルトフタルアルデヒド)
カラム 強酸性陽イオン交換カラム(Na、Li型)
使用料 機械機器等使用料一覧

計測室

材料分析のための材料の切断、研磨を行います。

高速精密切断機 一般鋼材をはじめ超硬合金、セラミック等を平行、直角とも0.1mm以内の精度で切断し、材料試験の試料を製作する機器
メーカー :平和テクニカ
型式   :SP-7
標準切断能力:φ50mm
半自動埋込プレス 金属材料の薄片試料や、小片の試料を別種の材料に埋め込む機器。その後、研磨などの加工を施して表面を精密に仕上げ、観察あるいは表面分析に使用
メーカー :丸本ストルアル
型式   :ラボプレス1型 LABNO
加圧力:0~50kN
加熱温度:150/180℃
研磨機 試料表面の顕微鏡検査や、精密な表面観察を行う場合に試料の表面を研磨するための機器。粗い加工から徐々に微細加工に切り替え、仕上げは鏡面までの研磨が可能
メーカー :丸本ストルアル
型式   :ラボポール5型 LAPO5
回転速度:50~500rpm
引っ掻き硬度試験機机など、製品の表面硬さの計測に用いる
電磁膜厚計塗装等で塗膜の膜圧を計測する